Post image

50年目のラブレター 番外編

50年目のラブレターの続きを待っていて下さるユーザー様からコメント頂き嬉しくなりましたありがとうございましたm(_ _)mくらーーーい話なので、どうかと思いつつ決して忘れてはならない戦争のことを書いてみたくなって書き始めたのですが、私の脳内では完結しているのに続きが書けていません。ネタバレではないのですがすてらさんさんが提供して下さったイラストをアップしました物語は、このイラストを差し込むまで進んでなくて...

Post image

50年目のラブレター 戦い 81

おはようございます夜、ゆっくり時間をとって書き更新しようと思っておりましが、まさかの寝落ち日付が変わってから、ようやく更新となり申し訳ございませんm(_ _)m=====*=====*=======真珠湾攻撃同日、帝国軍は当時イギリスの植民地だったマレー半島にも攻撃を仕掛けていた半島への上陸に成功した陸軍は、大きな目的のひとつであるインド方面へ通じる「シーレーン」と呼ばれる物資の輸送ルートを手中に収めて...

Post image

50年目のラブレター 戦い 80

総二郎は、輸送船の護衛の為、出陣し本当の戦いを目の当たりにしていたいつ、自分が死ぬかもわからない司や、つくし、あきら、ゆき乃の事を心配しつつ、一番の気がかりは、年老いたタマの事だった今まで得られなかった、親の愛情をタマは、惜しみなく注いでくれた自分が死ねば、タマは、一人になってしまう総二郎は、タマを横須賀に引き取って欲しいと司に、手紙をしたためていた戦火が激しくなる前に、横須賀に行くよう説得しなけ...

Post image

50年目のラブレター 79 戦い

つくしは、不穏な空気を感じ取っていた司は、何も言わないが、良くない事が起こる唯一の情報源は、ラジオと新聞司が出かけると、ラジオのスイッチを入れる「臨時ニュースを申し上げます 臨時ニュースを申し上げます 大本営陸海軍部十二月八日午前六時発表、帝国陸官軍は、 本八日未明、西太平洋に於いて、アメリカ・イギリス軍と 戦闘状態に入れり」ついに来た・・・恐れていた事が現実となってしまった司がいつもより早く出か...

Post image

50年目のラブレター 78 戦い

中国との日中戦争が長期化する中ドイツは、独裁政治によって軍事力を強化してゆくナチス党のヒトラーは1939年にポーランドに侵攻当時、ポーランドと同盟を結んでいたイギリス、フランスがそれに対抗しドイツに宣戦布告し第二次世界大戦が勃発する1940年にはドイツはイギリスを除く、ほぼヨーロッパ全土を支配下に治め、日本は日中戦争の最中当時、満州国建国などで国際的に孤立してしてしまっていた日本は、ドイツの勢いに...