ガチリレーコラボ終了&お礼

甘さとスっぱさとのlemmmonさんにお誘いで

人気サイト主さんのお仲間に入れて頂き

初コラボイベントに参加させて頂きました

途中、私が話をぶった切ったりしましたが

皆さんのお陰で、どうにかお話が繋がって無事終了の運びとなりました

お付き合い(読んで)頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

こころあたたまるコメント、拍手を頂いたみなさまにも感謝です!

サイトオープンのお祝いにと

明日咲く花のasuさんが、素敵なバナーを作って下さり

with ahappy endingのhappyさん

明日咲く花のasuさん

Beauty dayのやこさん

Tsukasa&Tsukushi'sdairyのきぃさん

とりあえず…まぁのKomaさん

そして、皆さんとのご縁を下さった甘さとスっぱさとのlemonmmさん

大変お世話になりました!

そして、ありがとうございましたm(_ _)m

また機会がありましたら、お付き合いの程、

宜しくお願い申し上げます


                   蘭丸



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Let's be happy together 13 話

lemmmonさん、お疲れさまでしたm(_ _)m

バトンを渡して一安心していたら・・・

まさかのキックバック!!!!って事で頑張ります!(トホホホホ)

前回のお話

クリックしたらlemmmonさんのサイトに飛びます



甘さとスっぱさと


↓13話はじまりはじまり・・・・・・

========*=======*==========*========

「かったるぃぃぃーい
 何で私がこんな取材に駆り出されるのよ」
「言っとくけど、私は副編集長よ
 なのに、何で今更、現場取材班なの?」

超豪華客船「Be happy 」に乗り込み
セレブな人達にスポット当てた記事なんて
誰が興味あるのかしら?
こんな的はずれな特集組むから
うちはいつまでたっても二流雑誌なのよ!

「バカ編集長め!!!!」

出航した夜行われた船上パーティー
「あんた達、てきとーに写真とって
 てきとーに乗船客にインタビューしてきなさい」

若手記者とカメラマンに指示をだし
私も、これまたてきとーにパーティーでも楽しみますか!

「はぁぁぁ~退屈すぎて生欠伸まででてきちゃったわ・・・」
欠伸してら、ひと組のカップルが目の前を通り過ぎて行った

黒のタキシードをビシッと決めた長身の男と
深紅のドレスを纏った女

「あれ?どっかで見たことあるような・・・・」

「ああぁぁぁぁぁ!!!!!」
「道明寺司だぁぁ!!!!!」

あの女性・・・・・
もしかしたら?もしかする?
4年後必ず迎えに行きます!と宣言してた彼女?
ソレにしては地味すぎる女だったわね?
まさか道明寺司が乗船してるとは・・・

「ふぅふぅふぅふぅ」
こりゃ、面白くなってきたわ!

女の腰に手を回し視線を絡めあう男と女
やっぱ、これは宣言してた彼女だわ!

「いゃ~ん生道明寺司って、何てかっこいいの?」
例の彼女だとしたら巷に顔写真は公表されてない

「こんなスクープある?!」
「編集者生活、苦節22年・・・・・
 ようやく私も日の目を見ることになりそうだわ!」

文○砲より破壊力があるスクープが取れるかも?
一昔前はFRI○AYのスクープに有名著名人が戦々恐々してたのに
いまじゃ、文○の一人勝ちだもんな
最近、何気に週刊新○も頑張ってるし・・・・
脱二流雑誌!

「ちょっと、あんた達、セレブの取材は予定変更!」
「あれ見てみなさい!道明寺司と顔バレしてない彼女よ」

「どうして彼女だとわかるんですか?」

「バカねぇ、どーでもいい女を
 こんな超豪華客船に乗せてクルージングすると思う?」

「それも、目立ちまくるのに、
 遊びの女なら、こんな目立つ場所に連れて来ないでしょーが」
「俺の女だって見せつけてるのと同じじゃないの!」

「副編、深いですねぇぇ」

「あんた達、私を誰だと思ってるの?
 この道22年のベテラン編集者よ!
 スクープの匂いくらい嗅ぎ分けられるわ」

「そのスクープを嗅ぎ分けられなかったから
 うちは、いつまでたっても二流雑誌なんじゃ?」

「うるさい!」
「とにかく、明日からマークしまくるわよ!」

=======*=======*==========

道明寺司だもの・・・・・
ペントハウススイートに宿泊してるに違いない
写真で見るよりはるかにいい男だっわ
うふん
なんせ、彼が載った雑誌は売り上げが桁外れに跳ね上がる
それどころか、完売しちゃうこともあるんだから・・・

昨晩のミラクルな光景に興奮冷めやらず
朝早く目が覚めてしまった
風にあたろうとデッキに出て
ふと視線を落としたら



「It's a miracle!!!」



私の視線の真下に道明寺司と彼女
そぉぉぉぉぉっと様子を伺う
プールサイドのデッキチェアでいちゃつく二人

顔を近づけたかと思ったら濃厚なキスの嵐
彼女の髪をやさしく撫でながら囁きキスを落とす
あまりにも美しい光景に、写真を撮るの忘れてた!
いい男のキスは、心まで溶かしてしまうのねぇー
納得!

キスをしながら彼の右手が胸のあたりをまさぐりはじめた
彼女は、ウットリした表情で彼を見つめ
ソレが合図かのように、彼がデッキチェアの背もたれを倒す

「こりゃ生唾ゴックンもんだわ・・・・」
「私は覗き見してるわけではない・・・」
「たまたま視線の先にあのふたりが居ただけだから・・・」

彼女のブラウスの裾から手を入れ
胸を揉みしだき、同時に濃厚なキスを重ねる
彼女は彼の髪に腕をまわし包み込むように
彼を抱きしめる

早くスカートの中に手を入れなさいよ!
うううう・・・・何を考えてるんだ私は・・・・

念が通じたのか?
彼の手がスカートの上から太股を撫で回し
その手が中に入って行く

スカート邪魔!この際はぎ取るか、
めくりあげなさい!!
誰もみちゃいないから!
いやいや、私が見てるか?
じれったいわね!

「副編、こんな朝早くからなにやってんですか?」

「ん、もぉぉぉぉバカかお前は!」
「しゃがんで!」
「えっ?、良いからしゃがみなさい!」

「気付かれたじゃないの!
 いいとこだったのにぃ・・・・・」

「覗きは犯罪行為ですよ」

「覗いてないわよ、たまたま視界に入ってきただけ」

「道明寺、今、誰かの声聞こえなかった?」

「聞こえねぇーよ」

「待って・・・雰囲気に流されるとこだった」
「道明寺、約束覚えてるよね?」

「あぁ、お前が良いって言うまでお預けだったよな
「わりぃ、キスしたら、やっぱ我慢出来なくなっちまった」
 
「バカ・・・・」

そう言うと彼等は恋人繋ぎをして
プールサイドを去っていった・・・・

なんか、モヤモヤする・・・・・

一番いいところで次回に続くのドラマのようで
こうなったら、とことん、彼らを追いかけてやるわ!

このクルージングの終着点はハワイ
これって・・・・・・もしかしたら・・・・
極秘ハワイ挙式なんてあるかも知れないわね!

「副編、もしかして
 そのままハワイも密着ですか?」

「当ったり前でしょうが!
 目の前に人参ぶら下がってるに
 みすみす見のがすバカがどこにいる!」

「大スクープ!」

「道明寺司氏!意中の彼女と極秘結婚か!?」

濃厚キス写真も撮れた事だし

編集長も戻って来い!とは言わないわよ

「合言葉は!打倒セン○ンス○プリング!」
「エイエイオォォォォ!」

「副編、燃えてるなぁ」

「燃えるわよ!もしかしたら・・・
 極秘結婚の大スクープget出来るかも知れないんだから!」

続く

======*====…*===*======*======

コラボリレーに誘ってくださったのはlemonmmさん

良い経験をさせてもらいました!

女子目線のエロスも、なかなか面白い!

もうないよね?キックバック?

後は、いち読者として楽しもうーーーっと!

次のバトンは・・・・・・・

Tsukasa&Tsukushi 's Diaryのきぃさんです!

↑クリックしたら、きぃさんのサイトに飛びます!

「ヨイショ!」

きぃさん、バトンはお渡ししましたよ!

宜しくお願い致します!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

Let's be happy together 11 話

二日後、俺達はハワイに向けて出航した
あいつと約束通り、この旅で惚れ直させてみせるぜ!
この俺様を誰だと思ってる!
牧野のナイトは永遠に俺だけだ

ちょっと可哀相なことしたかなぁ
あたしだって道明寺といっぱい愛し合いたいんだよ
でも、そう言うのは契約書とかに縛られず
お互いの気持ちが通じ合ったとき自然とそうなることだからさ・・・
ごめんね、道明寺


牧野はどうしたら俺に惚れ直してくれるんだ?


プールでじゃれあったり、
シアターで映画を観たりを
牧野との船旅は、想像以上に楽しくて
俺の心を満たしてくれた
ただ・・・・・問題は・・・夜だ!

「道明寺、手を繋いで寝てくれる?」

「上目遣いで俺を見るな・・・」

仕掛けてきてるのか?と思うくれぇ
牧野は可愛くて、

「道明寺が手を繋いでくれたら安心して寝れるよ
 もうどこにも行かないで傍に居てくれるって
 実感出来るんだもん・・・」

「ううううう・・・・・頼む・・・・
 もうそれ以上言うな・・・・」
「我慢出来なくなっちまう」
「何て罪作りな女なんだ・・・」
 
朝まで愛し合った追憶の日々を思い出すと
条件反射かのように俺のご子息が
反応しちまうじゃねぇかー
あの4年より、一晩の方が重いとは・・・・

「zzzzzzzzzz」

「はえっ!もう寝ちまったんか・・・・・」
「俺はいったいどうすりゃーいいんだよぉぉぉ!」

牧野が寝返りを打ったかと思うと
俺の事を抱きかかえるように纏わり付いてきた

「道明寺ぃぃ・・・大好きだよぉ・・・・」
「ムニャムニャ・・・・・」

「あぁ俺も世界一いや宇宙一愛してるぜぇ!」

ヤベーヤベーホントにヤベーよ
ぷにぷにしてたもんが当たってるんだよ
触りてぇー!モミモミしてぇー
出来ることなら吸いつきてぇーーー

俺も寝ぼけたふりして
牧野のぷにぷにに手を伸ばそうとした瞬間

「バシッ!」

「ヤベェー!!!」「バレたか?」

「道明寺そこじゃないよ、もっと下の方だよ」

「はぁ?ぷにぷにより下?へっ?」

「ゆ、ゆ、指い入れていいんか?」

牧野、お前って、どこまで可愛い女なんだ
夢の中で俺と愛し合ってるんか?

「ああっ・・・・」

「いいいぃぃぃ・・・・」

「気持ちいいよ・・・・道明寺・・・・」

「もっと強くてもいいよ・・・・」

「そこそこ・・・・そこが一番気持ちいいよ」

「あっは~ん」

口を半開きにして、艶めかしい顔しながら
吐息をもらす・・・・

鼻血が出ちまいそうだ・・・・
夢の中で俺に愛され続けて昇天したんか?
お前の夢の実況中継聞いてるだけで
イッチまいそうだぜぇ

「道明寺・・・・上手だねぇ・・・・」

そうだ!俺はお前をイカすため
日夜テクニックを研究してんだよ
満足したか?良かったか?

「ふふふふふ」
「気持ち良かったよ!」






「道明寺って、背中掻くの上手だねぇ・・・」

「ムニャムニャ・・・zzzzzzzzzz」

「ガァァァァァァァ」

ガクッ

そりゃねぇぜぇー

あの実況中継で興奮した
俺のご子息は、呆気なく終焉を向かえる

「チーーーーーーン」

こんなことはしてらんねぇ!
何がなんでも牧野を惚れ直させねぇーと!!!




続く・・・・・

with a happy endingさま、

お疲れさまでした!


↑クリックすると前回のお話に飛びます!

ガチリレーコラボもはや11話
司くん、悶々としております
早く惚れ直さないと、「マジ、ヤベェなぁ」←司心の声

次は、甘さとスっぱさとのlemmmonさんです!

     ↑クリックするとサイトに飛びます!

次話は、15日~17日の間でUP予定です

lemmmonさん、宜しくお願いしまーす!

どうなる?私も気になるぞぉーと!

お楽しみに!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

Let's be happy together  第7話

ローション事件で、タマに大怪我を負わせちまったが
俺にとっちゃ追い風が吹いてきた
あのババアが牧野との結婚をあっさり認めるとは・・・・

「タマ、すまねぇなぁ大怪我させてよぉ
 この借りは、俺たちのガキを抱かせることで返すからよ!」

そうなるには、果てしなく高い壁をクリアしなきゃなんねぇ

「牧野のヒリヒリだ」

「ヒリヒリ」を克服するにはどうすりゃ良いんだ!
夢のハワイ挙式に向け
俺は、ひたすら思いを張り巡らさせる・・・・

まず、第一段階をクリアするために

ヒリヒリ ×
一緒に天国へ逝ける ○

このことを牧野の脳内に思いこまさなければなんねぇ

どうすっか?
こう言う時こそ、ネットと言う便利ツールが
活躍するんでねぇ?
そこに、「ヒリヒリ克服法」が載ってるはずだ!

俺は、仕事そっちのけでPCにかじりつく

「みんなが知りたい女性の初体験」

オイオイ、いきなりじゃねぇーか!

「あんなに痛いとは思わなかった」
「2度目はないかも?」
「ミシミシきしむ感じが怖かった」

どんなけネガキャンな感想なんだよ・・・
読むにつれ、天国から地獄に突き落とされた気分だぜぇ

更に掘り下げたコラムを読んで衝撃を受ける!





巨根にメリットはありません!

デメリットだけです!


なぜなら、女性は痛いだけだからです





オレ様、爆死!!!!!!





この時ほど、我がムスコを恨んだ事はなかった
オレ様自慢のご子息が
実は、とんでもねぇ、ありがた迷惑だったとは・・・・

「牧野!すまねぇなぁ、不出来なムスコでよぉ」
「これから、お前の身体で躾直してくれ!」
「それが出来るのは、お前だけだかんなぁ」

「道明寺、もう、あんなバカな真似しないで!」

「わかってるよ」

「ほんとにわかってるの?」

「いや、その・・・なんだ・・・・」
「お前に嫌われるんじゃねぇーかと思ったら
 不安で仕方ないねぇーんだ」

「どうして?嫌いになったりしないよ」

「俺のムスコが不出来だからよぉ」

「ムスコ?えっ?もしかして隠し子でもいたの?」

「ちげぇーよ」

道明寺が視線を下に落とす

「バカ!バカ!バカ!忘れようと思ってたのに・・・・」

「忘れる?俺との初体験をか?」
「お前、そんなに・・・・俺のこと・・・・」

「ち、ち、違うよ・・・」
「道明寺に、申し訳ないと思って・・・・」
「あたしなりに、もう一度、頑張ってみようかなと・・・」

「そうか!!牧野!
お前、やっぱ俺が心底惚れ込んだ女だぜぇ」

牧野の気が変わんねぇうちに
結婚に向けて「プレナップ」でも作っとくか!
米国上流社会では当たり前の「結婚契約書」ってやつだ

個人資産の管理
健康状態の管理
日常生活の約束等々

一番大事なプレナップ・・・・


日常生活の事・・・・夜の性生活!


契約内容が牧野にバレねぇように
全て英語で掲載

何が書いてあると聞かれたら
ありきたりのことだと誤魔化せば良い
この際、ババアの命令だと言えば
牧野は疑う事なくサインするだろう

契約成立!←オレ様の脳内で

「ムハァハァハァ」

笑いが止まんねぇーってこう言うことだわなぁ

ババアもたまには役に立つじゃねぇーか!

続く

次のバトンは

Beautiful dayさんです!


やこさん、バトン宜しくお願い致します!

ドッカーーーーンと花火を打ち上げて下さいませ!

↑この話で花火が打ち上がるのか?

10.11..12日のいずれかでやこさんが次話をUP予定です

宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

Let's be happy togetherガチリレーコラボ

私、蘭丸の新サイトオープンに伴いこけら落とし代わりに?

人気サイト主様からガチリレーコラボのお誘いを受けました!

お話の流れは、前話を書いた方のバトンを引き継ぎ

即興でストーリー展開していくと言う無謀かつ壮大な?リレー方式です


私は、lemmmonさんからバトンを受け取り7番手となりました

lemmmonさん、お疲れさまでした!

上手くまとめて次の方にバトンをお渡しできるのか?

不安ではありますが、頑張ります!

Let'sbe happy together7話 明日朝6時にUPします!


Let's be happy together


1話 with a happy ending  さま

2話 Beautiful day さま

3話 とりあえず…まぁ さま

4話 Tresor~*トレゾア さま

5話 明日咲く花 さま

6話 甘さとスっぱさと さま 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

続きを読む

プロフィール

Ranmaru*

Author:Ranmaru*
はじめまして、花男の司をこよなく愛する妄想ブログです

宜しく御願い致します

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
|
ブログバナー
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR