Post image

50年目のラブレター 39 試練

「オールにぶらさがるようにしろ!」身体を一杯寝かせて、外から見たら、体が外舷(がいげん)に隠れて見えなくなるまで寝ろ!」教官が漕ぐ要領を大声で叫ぶ寝て起き上がる時、大変な腹筋の力が必要で翌日は腹部が筋肉痛になり、オールだけでも重いのに、そこに、水の抵抗も加わり手のひらは豆だらけになり、硬い艇座との摩擦で尻の皮は擦りむけ血が滲む号令をかける艇指揮、舵取りをする艇長左右6人ずつに分かれた12人と艇指揮、...

Post image

50年目のラブレター 38 試練

「パッパパラパパパッパパラハッパ・・・・」総員起のラッパの音が聞こえるラッパの鳴り始めには起きてはならず、鳴り終わりの最終音(ラストサウンド)が鳴り始めると一斉に床を蹴って飛び起きる支度をして、室外に飛び出し整列するまで二分その二分で、毛布たたみ毛布は皺一つあってはならず、傾いてる事も許されず部屋の端から見て、整頓された毛布の端が一直線になっていなければ、一号生徒の鉄拳制裁で殴られた司や総二郎にと...

Post image

50年目のラブレター 試練 37

兵学校の一日は、総員起こしのラッパで始まる攻撃に備えて(演習も含む)就寝中の兵をラッパの合図で全員起床させたことから、総員起こしの15分前、および5分前にはそれぞれ「総員起こし15分前」と「総員起こし5分前」の号令があった教育隊においては総員起こしの号令の後着衣、簡単なベッドの整理の後、点呼、体操、ランニング、掃除と続く総員起こし5分前の号令以後は寝台に入っていなければならず、トイレに行くことは出来ない...

Post image

50年目のラブレター 36 旅立ち

出発の朝、司は、世話になったから母屋に住む総二郎の両親に、挨拶をしたいと申し出たが「お前と一緒で俺は、西門家は捨てたよ」「俺のことなど気にしてはいまい」「挨拶しなくてもいい」「黙って行くのか?」「ああ」「そうか・・・」そう言うと総二郎の寂しそうな横顔を見つめた総二郎の家族は見送りに出てこなかったが、つくしとタマが駅まで来ておりふたりの姿を見つけると駆け寄ってきた「坊ちゃん、総二郎さん」「会えて良か...

Post image

50年目のラブレター 35 旅立ち

江田島から帰り、西門邸に戻って来た司達は、どっと疲れが出て夕食も摂らずに眠りに落ちた心穏やかに過ごせるのも後2週間司も総二郎も苦労知らずの坊ちゃん育ちで気が合いあきらの素性はわからないが、敵対心を見せるあたりが、苦労人で、学費免除、僅かだが給金もでる兵学校を選んだのか?ふたりの事が気に入らないのは確かで特に、総二郎は、あきらが苦手なようだった===*====*====「おい、お前ら、もう済んだのか...

Post image

50年目のラブレター 34 旅立ち

「嫌な野郎だよな」「悪意と敵意を感じるよな」美作あきらと、ひと悶着あった後総二郎は腹の虫が収まらないと愚痴っていた「仕方ないさ、騒ぎの発端は、俺にあるから」「お前、見かけによらず大人だなぁ」司の顔をまじまじ見ながら、何で同じように腹が立たないのか?と言いたげで、「あんな奴と同期生だとよ・・・」「落ちてると思ってたら受かってやがった」「何で合格したんだ?」「頭悪そうなのに・・・」「あれか!奥の手でも...

Post image

50年目のラブレター 33 旅立ち

つくしは、時間が許す限り、西門邸に足を運び総二郎も初めは気を使い、二人きりで過ごせるように配慮していたが次第に、三人一緒に過ごすようになりってゆき総二郎も、つくしの訪問が待ち遠しくなって甘いお菓子と点てた茶を飲みながらたわいもない会話を楽しみお茶菓子は、ぼたもち、羊羹、茹でた里芋を潰してきな粉に混ぜた物や小麦粉を練り油で揚げ、サッカリンにまぶしたかりんとうつくしが喜びそうな菓子を用意して、ジャズを...

Post image

50年目のラブレター 32 旅立ち

「ねぇ、名前、何て言うの?」総二郎が身を乗り出して、つくしに訊ねると司が慌てて、「おい、離れろよ!」「それ以上近寄るな!」「良いじゃねぇか!、取って食おうって訳じゃねぇんだから」「名前、教えてよ」「つくしだよ!牧野つくし!」「何だよ司、ムキになりやがって・・・」「つくしちゃって言うんだ・・・可愛いねぇ」つくしが真っ赤になってうつむくと「嫌がってるじゃねぇか!止めろよ!」司の飛びかかりそうな勢いに、...

Post image

50年目のラブレター 31 旅立ち

ココニイル シンパイイラヌ アイニキテホシイ司から電報が届き、タマに知らせると書かれてあった西門邸へタマと二人で行って見ることにした=====*=====*=====「こんにちは」戸口で声が聞こえると「待ち人来る!」「司、想い人が来たみたいだぞ」司と総二郎は、大慌てで離れから飛び出した「おい、しわくちゃの婆さんが立ってるぜ」「あれか?お前が死んでも良いほど好きな女って?」「年上好きにしちゃ少々、年...

Post image

50年目のラブレター 30 旅立ち

お腹をこわしたら、正露丸を一日三回 三粒飲む事熱が出たら、アスピリンを飲んで様子を見る事擦り傷が出来たら、ガーゼに消毒液を浸して傷口をきれいにしておく事好き嫌いせず、何でも食べる事喧嘩はしない事身体に気をつけて、無理をしない事帰りたくなったら、いつでも帰っていらっしゃい               タマ「ふんっ」愛情溢れるタマの手紙を読んで笑みがこぼれた「何だこれ?」手紙が入っていた封筒にもう一枚...