50年目のラブレター 18 決意


復学する為、遅れてる学力を取り戻したいから
家庭教師を探して欲しいとタマに頼んだ
元々、司の学力は優秀で、休学中も、
たいしてやることもなく、暇つぶしに独学していた
海軍兵学校願書を送付して貰い、
上半身裸の写真と一緒に送りかえし
両親にこの事が耳に入ると大変な事になる
幸い父親は妾宅に入り浸で邸には寄りつかず
母親も、別荘で過ごしている
自分に無関心だった両親を腹立たしく感じていたのに
この時ばかりは、そんな両親で良かったと思えた

問題があるとしたらタマだ・・・・
タマに嘘は通用しない、いつかバレる時が来る
自分の御方になってくれるのか?そうでないのか?
司は、わからなかった

日中戦争が長期化し世は物資不足となり
米や醤油等の食料品も徐々に配給制になり、

「贅沢は敵だ!」
「欲しがりません勝つまでは!」のスローガンが掲げられ
中には
「何がなんでもカボチャを作れ!」と食糧確保の為の
スローガンが大真面目に掲げられ
つくしも軍需工場で無給でかり出される勤労奉仕にゆき
これから日本はどうなるのか?
司が海軍兵学校に合格すれば、戦地に赴く可能性が高くなると
気に病んでいた

道明寺家は、東京を離れた場所に田畑も所有していたため
ある程度の食糧確保も出来ていた
つくしに、玄米や野菜を届けてやりたくても
タマに見つかると、海軍兵学校の事も知られてしまうかも知れず
司とつくしは思うように逢えない分、偽名を使い
手紙のやり取りで連絡を取り合っていた

今年の受験を逃せば1年後になってしまう
失敗は許されない、何が何でも合格しなければならないと
司は、これ程、勉学に励むことはなかったという言うくらい
寝る間も惜しんで勉強した

タマは、司の変貌ぶりに、何かあると思っていたが
あの日以来、つくしのことを言わなくなり
つくしを忘れる為に勉学に打ち込んでいるのか?
他に何か理由があるのかわからずにいた

見合いすると言っていた、つくしも
司の訪問で、立ち消えとなり、
祖父も、タマ同様、若い二人の事が気になりつつ
これと言って変わったこともないようなので様子をみていた
母の千恵子は、突然頻繁に来るようになった
つくし宛ての手紙が偽名を使った司からの物だと気がついていたが
見て見ぬ振りをしていた

司は、全国各地に設けられた海軍兵学校の身体検査に行くため

タマに、「息抜きに出かけてくる」とだけ告げ外出した

身体検査は、家族の人数、健康状態、自己の体歴、
身長、体重、視力検査、肺活量測定等、多岐に渡った
身体検査の帰り道、予め手紙で連絡を取り合っていた場所で
つくしと落ち合った

「何もしてやれなくて、すまない・・・」
久しぶりに逢った司が、開口一番で謝ってきた

配給制となり食糧物資が制限される中、
つくしに米や野菜を届けたくても、届けてやれないことの詫びだった

「ううん・・・大丈夫です心配しないで下さい」
「お手紙が届くだけで、嬉しくてお腹いっぱいになります」
「司さんから来たお手紙の文字をむしゃむしゃ食べたら
 心もお腹もいっぱいになるから・・・・」

司を笑わせるつもりで言ったのに
彼は、顔を曇らせた

「ラムネ飲むか?」
「冷えてねぇけどな・・・・」
「買ってきたんだ・・・・・」

司は、とくに小遣いが決まっておらず、欲しい物があれば
タマにお金を貰って自分で買うか、使用人が買い揃えていた
これと言って不自由したことが無かったため、そうしてきたが
受験に必要な物や交通費、宿代もいずれ必要になると思い
何かと理由をつけてはタマから小遣いを貰い
そのお金を少しずつ貯めていた

あの時、つくしが買ってきてくれたラムネが、彼女にとっては
貴重なお金であり、2本買えず1本だけ買い自分は飲まずに
司に持ってきてくれたのだと気がついた

司が手渡したラムネを中々飲まないつくしに

「飲まないのか?」と司が聞けば

「司さんが買ってきてくれたから勿体なくて・・・」
「宝物にします!」

ニコニコと嬉しそうに笑うつくしを見て
幸せにしてやりたい・・・と思った

「じゃ、半分ずつしよう」司の言葉に
つくしは、ぽっと頬を赤く染めた
無防備で純心すぎる二人の恋は、
周りが思う以上に強い絆で結ばれていた


スポンサーサイト
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

Comment

  • つくち
  • URL
No title

あ~、切ない…。
いつも同じコメントですみません…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • Ranmaru*
  • URL
Re: No title

 つくちさま

おはようございます!

いつも起こし下さり、ありがとうございますm(_ _)m

感謝!感謝!でございます

  • Ranmaru*
  • URL
Re: No title






 瀬奈さま

おはようございます!

えっ?2月に半袖?
日本だと正月気分がやっと抜けても、炬燵で背中丸めて、みかん食べてますよ
日本の家は高すぎる!
お話聞いてると、うさぎ小屋でも銃社会でない日本で暮らしてれる方が幸せだと思いました
今日も暑くなりそうです(゜◇゜)ガ
あ、トルネードハンター見たことあります!
恐くないんだろうか?






😃🌃ダ☀😵💦😧°ダトルネード💲😃😃😵💨😃




  • Ranmaru*
  • URL
Re: No title

 やこさま

お久しぶりぶりです!
相変わらず、水と戯れてらっしゃいますか?
私は、ようやく450円の仕事から解放されました!祝退職!

意外、そうだったのね
資料を探して読めば読むほど、知れば知るほど切なくなる
この時代の男は、真の男だと思いました
調べ物が多すぎて、やこさんちに遊びに行けず、申し訳ございません
この話、取り扱い注意な事もあり、
あくまでもフィクションとしてしか書けないのと、
ネットで色々調べると難しい言葉で書かれてて読めん!何て字?って感じで
「やっちまったなぁ!」感も歪めません
ああ・・・どうしよう?

Leave a Reply