FC2ブログ

鍾愛 65

つくしは、ずっと外を見たままで
司の顔を見ようとしない
繋いだ手を離そうとしても、
ガシッと握られていて離せない
そこまでしなくたって、わかってるんだから・・・
わざわざ、滋さんに合わせたくせに・・・
悔しさと腹立たしい気持ちで、自分の馬鹿さ加減に涙がでそうだ

「なぁ・・・」

「なに・・・」

「桜子に何か言われたのか?」

「なにも・・・世間話しかしてない」

「何で、そんなに機嫌が悪いんだよぉ」

「べつに・・・普通ですけど。疲れてんの黙ってて」

突っぱねるような言葉を吐くつくしに
ふぅーっと、司が、ため息をついた

================
午後11時すぎ、マンションに到着したふたり

「ほら、これ、支配人が、お前にって・・」

可愛らしい籐のバスケットに入った焼き菓子を
司が、ダイニングテーブルの上に置いた
つくしは、チラチラ見える腕時計が気になって仕方が無い

「素敵な時計だね」

取って付けたように聞いてきた
司は、Yシャツの袖を少しだけ、たくし上げ視線を落とす

「俺の好きな人が嵌めてたロレックスの復刻版だ」

「そう・・・・」

つくしは、着ていた司の上着を投げ捨てると
ドカドカとベッドルームに歩いて行き、着替えを抱えて
バスールームまで走ってゆく
司は、そんな、つくしの行動が全く理解出来なかった

ザァーーー

桜子が言ったことは本当だったんだ・・
そこまでして、滋さんとよりを戻したいのに
何が、焼き菓子よ!バカにしないで! 
つくしは、溢れる涙をシャワーのせいにした

RRRRRRR RRRRRRRR

「司・・・お疲れさま。さっきは、ありがとう
 丁度、電話しようと思ってたとこ・・・・
 つくし、どうしてる?大丈夫?」

「なんかあったのか?機嫌が悪くってよ」

「お茶の最中に、仕事の電話がかかってきて
 あのふたりの傍にいなかった。ごめん・・・
 ちゃんと話を聞いてあげてね」
 
「ああ・・わかってる」

シャワーを浴びたつくしが、バスタオルで頭を拭きながら
リビングを素通りしようとしたところを司が
通せんぼうするように道をふさぐ
ネクタイを外し真っ白なYシャツのボタンが胸元辺りまで開き
逞しい大胸筋が見え隠れする
大きな躰、程よい筋肉、独特の癖のある髪、涼しげな目元と唇
官能的と言うより、美しかった。目が離せない・・・
どうして、あなたは、あたしを惑わせるの・・・・
つくしは、じっと司を見つめていた

透き通るような白い肌、きつく抱けば壊れてしまいそうな儚さ
光の加減で、深い藍色に見える大きな瞳
あどけなさと、無色透明な清らかさ
どうして、お前は、俺を困らせる・・・
互いの心の中の想いを口にだせないまま見つめ合っていた

RRRRRRRR RRRRRRR

司のスマホが鳴っているのに、出る気配がない
気になったつくしが、テーブルに置かれた
スマホに目を移すと渋々、司が手に取った

「俺だ。いいや、大丈夫だ。どうした・・・そうか・・
 なるだけ早く会いたいと伝えてくれ。ああ・・・そうだ
 それは、任せる。お疲れさん」

電話の相手は、西田だった
つくしの母、千恵子と内密に会いたいと西田を通して
コンタクトを取っていた。何事かと警戒した千恵子が
用心したため、事がはかどらなかったが
ようやく、会っても良いと言う返事が来たと言う報告だった

「シャワー浴びて来る。着替え、出しといてくれるか?」

つくしが、コクリと頷くと、ベッドルームに
着替えを取りに行き、サニタリールームに置いた
リビングのテーブルの上に、
時計とスマホが置きっぱなしになっている
見てはいけないと思いながら、見ずにはいられなかった
ロックがかかってないスマホは、簡単に見ることが出来た
いきなり飛び込んで来た、「滋」の文字
電話をかけたのは、やっぱり司なんだ
認めたくないつくしは、スマホを元に戻すと、
ベッドルームに飛び込んで行った

寝たのか?
シャワーを浴び戻ってきたリビングに、つくしの姿はなかった
司は、グラスとウイスキーのボトルを抱え、身体を投げだすように
ソファーに坐る、女心のノウハウを熟知している総二郎なら
いとも簡単に、つくしの心理も解読出来ただろうな
自分なりの精一杯の想いを、つくしに捧げてきたつもりなのに
女の機嫌なんて取った事がない司は
どう接して良いのかわからなかった
寝酒にしては、酔えない、ウイスキーを飲み干すと
ベッドルームのドアを開けた

昨日まで、手前にあるベッドで一緒に寝ていたのに
つくしは、ひとり、奥のベッドで背中を丸めるて寝息をたてている
頑ななまでに拒絶され、さすがの司も、へこんでしまった
明日の朝には、機嫌がなおっている事を期待して
つくしの体温を感じられないベッドで眠りにおちた

===========

ここからは、拍手コメント御礼となります

つくしさま

はじめまして。
拍手コメント頂き、ありがとうございましたm(_ _)m
桜子の意地悪も、年季が入ってきたのか?(・_・;)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply