FC2ブログ

鍾愛 104

店を出た広野は大きな深呼吸した
ネオン街の空気が今までいた空間より
新鮮に思えた
熱帯夜と、張り付くような湿度が
不快指数をあげている。体感温度を下げるため
ジャケットを脱ぎ肩に担ぐと近くにあった
自販機のミネラルウォーターのボタンを押した
キャップを捻り開け、冷たい水をその場で
喉の奥に流し込んだ

「ふぅーーーっ」自然と大きな溜め息が溢れる
異空間の息苦しさから解放してくれた
ミネラルウォーター片手に
手のひらをうちわ代わりに扇いで歩きだした
すると一台の厳つい高級車が徐行しながら
広野の横を通りすぎていった

「ファン○ム・・・」

パルテノン神殿をモチーフにしたと言われる
フロントグリルが特徴的なロールス○イス
ファン○ムが、クラブの前で停まった
広野は立ち止まりメールを打つ振りをして、
車の主を待った
クラブのドアが開き、出てきたのは
数人の女を連れた正也だった
いくら金回りが良いとは言え、ファン○ムの
最低価格は5千万はくだらない
最高ランクになると優に6千万は超える
27の男が簡単に買える代物ではない
正也は、短い黒髪をワックスを使って
スタイリングしているが
無造作に遊ばせずに、几帳面に整え
不似合いなカラーコンタクトをして
質の良さそうなジャケットの下に着たシャツの
ボタンは、上から下まできちんと留められている
真面目が服を着て歩いている
あきらが、そう称した意味がわかる様な気がした
あの男は正樹で間違いない
理香使って、情報収集すれば金の出所が
わかるかも知れない
背中越しに興奮した女達の悲鳴が聴こえる
報告がてら、司を誘って飲み直すか
携帯をポケットに仕舞い込み何事もなかったように
また歩き始めた

========

つくしが消えた

ビデオ電話のアカウントをなかなかとらないつくしに
業を煮やした司が勝手に段取りをして
ようやく、顔を見ながら話が出来るようになったのに
つくしが居なくなった前日も、たわいもない話を交わし
特に変わった様子もなかった
柴崎を責めたが、全ての原因は、自分にあるのではないか?
みずきを冷たくあしらった事が
発端かも知れない。楓やみずきにとって
つくしは煙たい存在だったはずだ
いてもたってもいられなくなった司は
コントラトゥールに車を走らせていた
車内で何度もつくしにコールするが繋がらなかった
絶望と後悔、焦り、考える事は最悪の事態だった

==========

午後2時過ぎに到着した司は、
柴崎の出迎えを無視して一直線に
つくしの部屋に向かった
部屋の真ん中に立って無言で辺りを見渡す
西田と柴崎も手懸かりがないか
司に了解を得て慎重に室内を確かめて回った

「ハァーッハァーッハァーッ」

突然司の呼吸が荒くなって、その場でうずくまり
胸を抑え込むと、みるみるうちに
顔色が悪くなっていった

「いかん、過呼吸になってる」

柴崎の声で西田が慌ててリビングに降りて行き
手に袋を持って戻ってきた

「ゆっくり息を吸って吐いて・・・」

柴崎が司の口元に袋を持っていき
吐いた空気を再度吸い込むという行為をくり返し
血中の二酸化炭素濃度を上げるペーパーバッグ法で
落ち着かせた
ベッドから一番見える場所に、いつの間にか
フックが取り付けられていて
置いて行って欲しいとせがんだ司のスーツが
ハンガーにかけてあった
あるはずのワイシャツとネクタイだけが見あたらず
ブリザードフラワーにした花冠もなくなっている
離れている寂しさを紛らわす為に
つくしが心の拠り所にしていたに違いない
司の愛用品とプレゼントしたブリザードフラワーと共に消えた
手付かずの預金通帳も置いて

「あいつは俺を守るために居なくなった」

司にしかわからないメッセージに気がついた途端
絶望の波が押し寄せてパニックになってしまった
司の脳裏に浮かんだのは「つくしの死」

「出ていってくれ・・・・
出ていけつってんだよぉ!」

司の体調を心配する西田と柴崎に
申し訳ないと思いながら怒鳴り声をあげていた

=========

「やっぱり来たか」

コントラトゥールを訪れて三日後の朝
海藤邸のインターフォンが鳴ると同時に
ドーベルマン達が吠えたてて来客を知らせた
2階の自室から、門扉へ視線を移すと
海藤は、静かな笑みを浮かべる
部屋の内線が鳴り、

「お通ししても宜しいですか?」と
一之瀬が、お伺いをたててきた

「ああ」と短い返事をしたあと
直通するホームEVに乗り込んだ
着の身着のまま小さなバッグを肩にかけたつくしは、
巨大な要塞、海藤邸の前に立っていた

============

y******a様

こんばんは!
拍手コメント頂き、ありがとうございます!

今年は酷暑になると言われてましたが
7月でこの暑さは、たまりません
脂肪!いやぁー私の方がラードたっぷりついてます
夏バテで食欲不振になったこともなく
底無しの食欲がヤバいです

ふぅふぅふぅ。
海藤爺、大活躍なヨカーーン( ´;゚;∀;゚;)

もう少しで完結します。最後までお付き合い頂けたら幸いです
ありがとうございました(*^^*)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply