FC2ブログ

鍾愛 121

スーツ姿に白い手袋をした男達が無言で作業を進める
オフィス中をひっくり返し、社長室の引き出しを開け、
本棚を漁り、帳簿から書類、ノートパソコンまで
次々に段ボールに詰め込んで運び出される
フロアには捜査員が等間隔に立ち、社員の動きを逐一監視してた
外部への連絡は原則として出来ない
外出する時は捜査員にカバンの中身を徹底的にあらためられる
4時間近くかかったガサイレもようやく終わり
ニコチン切れの間島は、足早に外へ出た

被疑者である、敬一と正樹は所轄する警察署に連行され
写真撮影と指紋採取が行われた
このデータは、警察の捜査資料として、一生残る事になる
翌日から、取り調べ官が事情聴取を行う事になっている

「刑事ドラマみたいに、かつ丼は出ねぇと言っとけよ!」

廊下ですれ違った取り調べ官に、間島が軽口を叩いてきた

「禁煙パイポ咥えるくらいなら、
 禁煙外来行けばいいんじゃないですか?スッパリ止められますよ」

「ふんっ。それ行って一年後の禁煙率知ってるか?
 たったの3%だぞ!俺は、無駄な抵抗はしない主義だ
 そんな事より、とっとと完落ち(自白)させろ」

プラスチック製の模倣品を唇の端から離した間島は、

「味気ねぇーなぁ」と呟いていた

============

取り調べ室には、録音・録画(可視化)のため、
天井の片隅にドーム型カメラとマイクが取り付けてあった
被疑者の表情やしぐさ、取調官とのやりとりが見える仕組みだ
近年は取調べ室内で不適正な手段(暴力)が使われないよう、
取調べ中は部屋のドアを開けておくのが規則になっていた

まずは、弁解録取書(通称ベンロク)と身上経歴調書の
作成から始まる

弁解録取書は、事件の容疑に対する被疑者のいいわけのようなもの
身上経歴調書は、被疑者自身の出身地や職歴などを説明した
履歴書のような内容の調書となる
警察で作られるこれらの調書の正式名は
司法警察員面前調書と言うが一般には
供述調書と呼ばれていた
刑事手続き上、取調べにしても供述調書にしても、
被疑者を逮捕してから48時間以内に送検しなければならない

事件として立件する書類を作って、警察から検察へと送られる
「○時○分! 逮捕!」と刑事が叫ぶのは、
逮捕時間を被疑者に告知する意味があった
警察は事件を検察へ送検し48時間を1秒でも過ぎたら、
刑事手続き上不当逮捕になってしまうからだった

正樹は観念したようで、素直に取り調べに応じていた

「事の発端は、女か・・・しかも相手は、三島んとこの
 若頭の情婦じゃねぇか」

「接待だと言われて連れて行かれたのが女の店
 そこで、骨抜きにされた見たいです」

「まぁ、確かにいい女ではある
 免疫のない、お坊ちゃまがカモにされたって
 面白くも何ともねぇー話だよな」

部下の田中から報告を受けた間島は、あまりにも呆気ない顛末に
拍子抜けしていた

「たきつけたホンボシがいるだろ?
 海藤が危険を犯してまで首を突っ込む理由がどこにある?」

「まぁ、確かに、そうです」

「親父の方は何て言ってんだ」

「調書読んで下さいよ」

「面倒くせぇんだよ!」

そんなだから万年係長なんだよと田中は心の中で毒づいた

「息子の事をバラされたく無ければ、道明寺と手を組めと
 言われたらしいです」

「誰に」

「そりゃぁー、三島でしょ?」

「三島が、そんな指示をだして、何の得がある?」

「まだ、勾留されたばかりですよ
 これから核心部分に触れてくんじゃないですか?」

田中が話しているのに席を立った

「ちょっと出てくる」

間島がそう言うときはタバコを吸いに行くときだ
外に出て、目立たない場所で火をつけたのには訳があった
同じ課の同僚から、受動喫煙は
間接殺人に等しいと言われたことがあったからだ
周りも同じ事を思っていたのか?
一斉に、冷たい視線が間島に集まり、渋々、火を消すしかなかった
フラストレーションが溜まる仕事なのに
息抜きでもある喫煙さえ、堂々と出来なくなっている
フゥーっと煙を吐きながら、流れてゆく煙の先を目で追った
この事件の裏にあるものが何なのか?
椎名と繋がりのある道明寺にも話を訊く必要があった

==============
プロの逃がし屋によって
出国した海藤と一之瀬は、現地ガイドの案内で
マレー半島の西方、マラッカ海峡に位置する島ペナン島 に
仮住まいを構えた
熱帯雨林気候に属しているマレーシアは
一年を通して常夏の気候で湿度も高い
スコールが降れば、気温も下がり、幾分か過ごしやすくなる
長旅の疲れと暑さから、高齢の海藤は体調を崩し
一日中、自室で過ごしていた
逃がし屋を使って国外逃亡した犯罪者の多くは、
資金がつきるか、里心がつくと必ず日本に舞い戻ってくる
海藤は、生きて日本に帰れる事は、もう無いだろうと思っていた

==========
「出かけるぞ!」

「どこにです?」

「道明寺さんとこだよ」

喫煙タイムが終わった間島が、田中に声をかけてきた

「あちらさんも関与してるんですかね?」

「さぁーな。道明寺さんのフィアンセの行方は?
 何か情報は掴めたのか?」

「それが全くです。4匹も犬連れてんのに不思議ですよね」
 
「本命の彼女が邪魔で、みずきが隠してるって説はどうです?」

「お前の脳みそは単純だな」

さっき、タバコを吸いに出たばかりなのに
唇の端に、禁煙パイポを咥えていた
長身で無骨な間島は、意外と女にモテる
田中から見れば、爽やかさとは無縁のオッサンなのに
あの独特のタバコの吸い方がセクシーだと
署内の女子から絶大な人気を誇ってるが不思議でならなかった

===========

間島のイメージってこんな感じ
鍾愛のスピンオフで間島が主人公のオリジナル話を書きたくなってきた(笑

20180901111116928.jpg

画像は、お借りしました
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • Ranmaru*
  • URL
Re: No title

 み***ん様

ご無沙汰しております
コメント頂き、ありがとうございますm(_ _)m

何度も覗いて下さって凄く嬉しいです!(^з^)-☆Chu!!
結末が、呆気なかったら暴動起こして下さい(笑
間島、格好いいでしょ?
この話、いつの間にやら、間島と海藤が活躍しまくってます
恋愛より、ハードボイルドが大好き!
軟弱な男より、無骨な男にときめきます

やっと9月ですか?
私の中では、もう9月→年末近い→嫌だ!って感じです
新しい職場は、色々とありまくりです
心が折れることもありますが、辞めるのは悔しいので
なんとか続けてます

間島に片思いする部下の女子ってオリジナル書きたくなってます
事件を絡めて。うふ。
更新がまちまちで申し訳ございませんが
覗きにきてやって下さいませ
終わり方が最悪でも許してぇぇぇぇ(゜ロ゜;ノ)ノ

Leave a Reply